トップ>>がん検診について>>がん検診とは

がん検診とは

はじめに

日本人の死因第1位は「がん」です。
昭和56年以降、他の疾病を大きく引き離して着実に増加してきており、現在は年間約38万人(令和元年現在)ががんで死亡しています。またがんの総患者数は、男性約97万人、女性約81.2万人で、総数では約178万人(平成29年現在)となっています。

しかし診断と治療の進歩により、一部のがんでは早期発見、そして早期治療が可能となってきました。そのわけは、一つは総合健診、がん検診、人間ドックなどが普及したこと。もう一つはその精度が向上したこと。

がん検診はそうした医療技術に基づき、がんの死亡率を減少させることができる確実な方法です。がんは症状がでるころにはかなり進行してしまっているため、症状が出る前に見つけることがポイントといえます。

がん検診を正しく受けるためには、「がんを知る」ことが重要です。正しい知識を持ってがん検診を受診しましょう。

がん検診の流れ

がん検診は、一見健康な人に対し、「がんがありそう(異常あり)」「がんがなさそう(異常なし)」を判定し、『ありそう』と判断された人を精密検査で診断し、救命できるがんを発見することが目的です。
がん検診の流れ
がん検診は、「がんがある」「がんがない」ということが判明するまでのすべての過程を指します。がん検診を受けて「異常がない」場合は、定期的に次回の検診を受診することになりますが、「要精密検査」と判断された場合には、精密検査を受診することが必要です。
精密検査を受けて『異常なし、または良性の病変』であったときには次回の検診へ、となります。しかし“がん”と診断された場合は、治療に進むことががん検診の流れです。
精密検査や治療を受けなければがん検診の効果はなくなってしまいます。