• がん対策推進企業アクションとは
  • がんについて
  • がん検診について
  • 就労支援
  • パートナー企業・団体

パートナー企業・団体の取り組み

フジテレビの「ソフト」をがん検診啓発活動に役立てたい

中高年の方向けに、2008年秋に13万人が来場した「お台場オトナPARK」というイベント内で、子宮がんに関する無料セミナーを開催しました。毎年健康にかかわる情報など、中高年に関心の高い内容をテーマに行ってきたセミナーですが、今後もがん啓発の機会として活用できるかもしれません。
その他、フジテレビアナウンサーによる日本文学朗読CDの寄贈も始めました。院内学校や盲学校などのほかに、がん患者さんのためにも活用できればと思います。

今後も、「フジテレビらしさ」をもって社内外のがん検診の啓発を行っていくつもりです。今回、がん対策推進企業アクションに参加したのはマスコミとして少しでも活動に協力したいという思いと、35歳以下の女性検診の制度づくりにおいて参加企業の取り組みを参考にしたいとの考えから。それとは別に、この活動が企業から一般へと広がって、「がん検診が必要なのに受けられない人」が気軽に受けられる社会が実現することを祈っています。
画像:日本文学の朗読番組を記録した寄贈用のCD
▲日本文学の朗読番組を記録した寄贈用のCD
株式会社フジテレビジョン 会社概要
設立 2008年10月1日(新設分割による)
代表取締役社長 豊田 皓
資本金 88億円
売上高 3273億5900万円(2009年度)
社員数 1,451名(2010年7月1日現在)
本社所在地 東京都港区台場2-4-8
事業内容
1959年、在京民間テレビ局の第4番目として開局。魅力ある番組の制作にとどまらず、イベント事業、デジタルコンテンツ事業、映画・DVD制作や権利ビジネスをはじめとする事業展開を図るなど、常に新境地を開拓し続けている。
1 2 3
ページトップ
  • 参加方法・登録申請
  • パートナー企業・団体一覧
  • パートナー企業・団体の取り組み
  • パートナー専用ページ
  • がん対策スライド
  • 全国3ブロックセミナー
  • がん対策推進企業アクション公式小冊子「がん検診のススメ」
  • 令和3年度がん検診50%推進全国大会
  • 令和元年度がん検診50%推進全国大会を開催しました
  • がん対策推進企業アクション Facebookはじめました
  • がん対策推進企業アクション Facebookはじめました
  • 両立支援の啓発動画の紹介