• がん対策推進企業アクションとは
  • がんについて
  • がん検診について
  • 就労支援
  • パートナー企業・団体

パートナー企業・団体の取り組み

徳永 唯さん/秋田真奈さん
がん対策推進企業アクションでは、がん対策推進パートナー賞(「検診部門」、「就労部門」、「がんの情報提供部門」)と、総合的にがん対策が進んでいる企業を表彰する「厚生労働大臣賞」を創設し、パートナー企業の中でも特にがん対策に積極的に取り組んでいる企業を表彰しています。㈱アシックスは2015年度の第1回がん対策推進企業表彰において、がん対策推進パートナー賞・「就労部門」を受賞されました。受賞理由のひとつである「看護師・保健師による継続的フォロー」が具体的にどのように行われているのかを伺うために、神戸の本社を訪ねました。

がんの就労支援"は、切り離して行うのではなく、全体の取組みの一部に組み込んで

就労支援は、検診への取組みから始まっています。胃がん・肺がん・大腸がんは会社指定項目として検診を促進し、未受診の場合は理由を聞いてフォローします。かかりつけ医で胃カメラを受けた場合などは、検診結果として代用する仕組みも作りました。乳がん・子宮頸がんや前立腺がん検診に関しては、対象年齢の方がオプションで受診された場合は会社が費用を負担しています。そうすることで受診率が向上し早期発見が可能となり、それが結果として、がんと診断された場合でも、就労継続や早期の職場復帰につながっているのではないかと思います。

精密検査が必要な社員に対しては、①個別に勧奨⇒②その際、精密検査の結果を報告してほしい旨の書類を同封し、社員の状況を把握⇒③がんの診断を受けた場合、本人を通じて主治医から情報収集(同社オリジナルの「医療情報提供書」を活用し、場合によっては本人と主治医との面談に同席)⇒④本人と1対1で面談し方向性を決定、というステップを踏んでいきます。

 

(株)アシックス外観
▲(株)アシックス外観

一般的に、がんと診断されたことを会社に伝えるのをためらう場合が多いと聞きますが、アシックスでは、私たち保健師が年に1回、全社員と面談し日頃から関係性を築いているためか、その辺りの情報共有はスムーズに行われていると思っています。その意味では、就労支援は、社員への健康教育や社員との関係づくりから始まっていると言ってもいいかもしれません。

また、“がん”だけを特別に支援しているわけではありません。アシックスでは、個々人の状況に応じて「勤務時間の変更、勤務日・勤務日数の変更」「業務内容や職種、勤務地の変更」「仮出勤・仮出社」などが適用されます。これらの制度や体制は私たち2人が配属されたときには既に整っていましたが、当初から、がんを含む全ての病気を想定してスタートしています。

 

徳永 唯さん(向かって左)と秋田真奈さん
▲お話をうかがった徳永 唯さん(向かって左)と秋田真奈さん
1 2 3
ページトップ
  • 参加方法・登録申請
  • パートナー企業・団体一覧
  • パートナー企業・団体の取り組み
  • パートナー専用ダウンロード
  • がん対策スライド
  • 全国7ブロックセミナー
  • がん対策推進企業アクション公式小冊子「がん検診のススメ」
  • 毎年10月開催 厚生労働省 月間キャンペーン がん検診50%キャンペーン
  • 平成29年がん検診50%推進全国大会を開催しました
  • がん対策推進企業アクション Facebookはじめました
  • がん対策推進企業アクション Facebookはじめました