• がん対策推進企業アクションとは
  • がんについて
  • がん検診について
  • 就労支援
  • パートナー企業・団体

パートナー企業・団体の取り組み

新日鐵住金株式会社

2017年12月8日 「職域におけるがん対策の最新情報【北九州セミナー】」にて、新日鐵住金株式会社 八幡製鐵所の産業医による講演がありました。

ロゴ 外観

2017年12月8日(金)16:20より、北九州市にある北九州国際会議場 国際会議室での「職域におけるがん対策の最新情報【北九州セミナー】」内で、新日鐵住金株式会社八幡製鐵所の産業医、中西昌嗣氏による講演が行われました。

事業所としての配慮項目(初発時・療養中)

はじめに自社で行っているがん検査項目について、肺がん、胃がんなどがあると挙げ、さらに来年からは希望者を対象に乳がん、子宮がん検診も実施予定であるという説明がありました。

がんにかかった従業員に対し、段階ごとに適切な配慮をしていることが紹介され、初発時には健康診断の結果を速やかに本人に通知したり、なるべく早めに再検査・精密検査が受けられるようにしていることなどが挙げられました。

療養中に関しては、治療に専念させて、なるべく業務上の連絡も控えること、療養生活が長期に渡る場合、本人の承諾に基づいて定期訪問で状況を確認することや、傷病手当金をはじめとした所得補償の手続きを忘れないようにすることが紹介されました。

事業所としての配慮項目

勤務・休暇制度

勤務・休暇制度

続いて年次有給休暇と福祉休暇について、3年目から使える福祉休暇の積み立てなどを使うと最大90日の休暇が取得可能であると仕組みを解説。欠勤・休職については、治療のために欠勤し、6ヶ月を超えた日から休職扱いになると説明。勤務年数に応じて、規定の期間を超えた場合は退職となることも説明されました。

1 2
ページトップ
  • 参加方法・登録申請
  • パートナー企業・団体一覧
  • パートナー企業・団体の取り組み
  • パートナー専用ダウンロード
  • がん対策スライド
  • 全国7ブロックセミナー
  • がん対策推進企業アクション公式小冊子「がん検診のススメ」
  • 平成29年度がん検診50%推進全国大会
  • 平成30年がん検診50%推進全国大会を開催しました
  • がん対策推進企業アクション Facebookはじめました
  • がん対策推進企業アクション Facebookはじめました
  • 両立支援の啓発動画の紹介