• がん対策推進企業アクションとは
  • がんについて
  • がん検診について
  • 就労支援
  • パートナー企業・団体

パートナー企業・団体の取り組み

日本生命保険相互会社
日本生命保険相互会社 滋賀支社の河野(かわの)幸彦支社長にお話を伺いました。滋賀県は日本生命の発祥の地です。滋賀県と包括的連携協定を2016年に結びました。滋賀支社は河野支社長ご本人ががん対策に対して大変力を入れておられ、日本生命のがんの取り組みに尽力された方でもあります。ビジネスだけでなく、お客様、そして職員を思う気持ちが、がん対策につながっています。

きっかけは一冊の本

私ががんについて知らなくてはいけないと思ったきっかけは「がん患者、お金との闘い」(岩波書店)という一冊の本でした。その本を読んだとき、「もしかしたら、自分たちはお客様のお役に立っていないのではないか」と衝撃を受けました。

なぜなら、当時は、がんは入院しないと給付金が支払われなかったり、高額療養費制度があと払いで一時的に高額な立て替えが必要だったりと、現代の治療や生活に保険があっていなかったからです。

以前、営業教育部長となったときに、お客様に対してがんのリスク、そして備えの重要性を伝える冊子を作成しました。今2人に1人ががんになる時代です。がんになることは防げませんが、検診によって早期に発見すること、がんに対応した保険に入ることで、経済的、心理的負担を軽減することができます。

私は安心・安全の提供を通じ、社会保障制度の一翼を担い、地域生活を支える、気高い「社会的使命」を責務として果たすよう、職員には常々伝えています。そのためにがんについて職員が勉強し、がんについてお客様に正しく知っていただくこと、検診の重要性と、がんのリスクから守るための保険として、お話しさせていただいています。

日本生命保険相互会社 河野幸彦 滋賀支社長
▲日本生命保険相互会社 河野幸彦 滋賀支社長
がん患者、お金との闘い
▲「がん患者、お金との闘い」(岩波書店)
1 2 3
ページトップ
  • 参加方法・登録申請
  • パートナー企業・団体一覧
  • パートナー企業・団体の取り組み
  • パートナー専用ダウンロード
  • がん対策スライド
  • 全国7ブロックセミナー
  • がん対策推進企業アクション公式小冊子「がん検診のススメ」
  • 平成29年度がん検診50%推進全国大会
  • 平成29年がん検診50%推進全国大会を開催しました
  • がん対策推進企業アクション Facebookはじめました
  • がん対策推進企業アクション Facebookはじめました