• がん対策推進企業アクションとは
  • がんについて
  • がん検診について
  • 就労支援
  • パートナー企業・団体

パートナー企業・団体の取り組み

日本ガイシ株式会社

社長自らが2018年4月に「健康宣言」を発表したのは、名古屋に本社をおく、グループ全体で2万人以上の従業員を誇る日本ガイシ株式会社です。

社長自らが健康宣言

「健康宣言」とは、
・人に優しい、働きやすい職場環境の提供
・経営者、従業員とその家族を含めた健康風土づくり
・早期発見と重症化予防
・心の健康への支援
をスローガンに、従業員の安全と健康を経営の基盤と捉え、活き活きと働くことのできる職場環境と健康風土づくりを行い、従業員一人ひとりが自らの健康維持増進に努められるよう、積極的に取り組むというものです。

企業のトップが先頭に立って、「健康」をキーワードに保険事業を応援することで、一般の従業員はもちろん、役職者にも改めて自分や部下の生活習慣を見直す機会になったといいます。

日本ガイシ株式会社

特に中高年の役職者の中には、育ってきた時代背景もあるのか、今まであまり健康に興味のなかった方も少なからずいたのだとか。「自分は大丈夫」「病気になんかなるわけない」「どこも悪くない」と思い込んでいる人に、「今度会社でこのような施策をとりましたよ」とか、「健康診断は受けましょうね」とかいってもなかなか注意を向けてくれないものですが、社長自らが「健康宣言」を出すことで、そういった従業員にも健康の大切さを再認識させる機会になったそうです。

さまざまな施策で健康にスポットを

そもそも、日本ガイシの健康診断の受診率は平成27年度実績で99.3%(長期療養中等受診不可な者を除けば100%)と全国平均よりも高いのが特徴。
これは、特にうるさく指導しているわけではなく、真面目な従業員の多い会社のカラーなのだとか。
そんな日本ガイシが、改めて今年の4月に「健康宣言」を出したわけですが、昨年度実施した具体的な施策は、
・個人健康宣言による健康チャレンジキャンペーン
・体力測定会の実施
・階段ステッカーの設置
・健康増進講演会の開催
・がん対策推進企業アクションへの参加
など

健康チャレンジキャンペーンとは、普段の生活の中で健康によいアクションを起こしましょうというもので、会社が用意した目標一覧シートの中からチャレンジ項目を自らが2つ選び2カ月間チャレンジします。そして嬉しいことに、達成できた人には500円のQUOカードのインセンティブが用意されています。
目標は難しいものではなく、普段の生活のちょっとした努力で達成できるものが用意されています。例えば、「野菜の小鉢をもう一皿食べる、食事は野菜から手をつける」「1〜3階程度は階段を利用して昇り降りする」「毎食後歯磨きをする、1日1回は徹底的に磨く」といったもの。

今後の課題について

階段を使おう運動

体力測定会とは、昼の休憩時間にフィットネスチェックを行うもので、短時間で簡単な運動テストを行い、委託先のスポーツクラブのヘルスサポートスタッフが自分のイキイキ度をチェックしてくれます。これも、参加した人には提携先のスポーツクラブの利用券がもらえる、うれしい特典付きです。
階段ステッカーは、健康のため階段の利用率を上げるために実施したもので、各階段にステッカーを貼りました。

階段ステッカー

ステッカーには、社員から募集した標語や川柳、消費カロリーなどが書いてあり、社員にもとても好評だとか。

写真)チャレンジキャンペーンの資料
▲写真)チャレンジキャンペーンの資料
写真)階段
▲写真)階段

がんでも働ける「疾病治療との両立支援」

日本ガイシは、2017年4月から60歳だった定年を65歳にしました。定年年齢の引き上げにより、高齢時のリスクである疾病と介護に対する各種制度も拡充しました。
とくに、加齢とともに罹患率の高くなるがんへの対応として、がん対策推進企業アクションへの参加をはじめ、定期健康診断時に人間ドックレベルのがん検診を実施しています。
その内容も、胃がん(35歳〜)、肺がん、大腸がん、乳がん(女性)、子宮頸がん(女性)、肝臓がん、前立腺がん(50歳〜)、白血球悪性リンパ腫と多岐にわたっています。
さらに、がんをはじめとするさまざまな疾病と仕事の両立支援として、短時間勤務(6時間・7時間)、週3日勤務、現業向けフレックス勤務、時間外労働制限・免除、深夜勤務免除などの施策もとっています。

中川先生を講師に“がん教育”を実施

がん対する正しい知識を従業員に身につけてもらおうと、2017年10月には、東京大学医学部附属病院放射線科准教授の中川恵一氏を講師に迎え、役職者向けに「企業におけるがん教育の重要性」をテーマに講演会を実施しました。このような講演会を実施することにより、役職者のがんに対する意識改革、そして部下や周りのメンバー、従業員家族への健康診断の受診を勧奨しています。同様の講演会は、2018年秋にも予定されています。

健康保険組合 常務理事 伊藤嘉典氏、人事部マネージャー 首藤真木子氏、同部主任 谷岡香里氏。

今回、お話をお伺いしたのは同社の健康保険組合の常務理事である伊藤嘉典氏、人事部マネージャーの首藤真木子氏と同部主任の谷岡香里氏。

日本ガイシ株式会社 会社概要
設立 1919年
代表者 代表取締役社長 大島 卓
資本金 698億円(2018年3月)
従業員数 単独:4,142名、臨時716名、連結:18,783名、臨時3,700名(2018年3月現在)
本社所在地 名古屋市瑞穂区須田町2番56号
事業概要 がいしなど電力関連機器、自動車排ガス浄化用をはじめとする各種産業用セラミック製品、特殊金属製品の製造販売。
URL https://www.ngk.co.jp/
ページトップ
  • 参加方法・登録申請
  • パートナー企業・団体一覧
  • パートナー企業・団体の取り組み
  • パートナー専用ダウンロード
  • がん対策スライド
  • 全国7ブロックセミナー
  • がん対策推進企業アクション公式小冊子「がん検診のススメ」
  • 平成29年度がん検診50%推進全国大会
  • 平成30年がん検診50%推進全国大会を開催しました
  • がん対策推進企業アクション Facebookはじめました
  • がん対策推進企業アクション Facebookはじめました
  • 両立支援の啓発動画の紹介