• がん対策推進企業アクションとは
  • がんについて
  • がん検診について
  • 就労支援
  • パートナー企業・団体
トップ>>がんについて>>部位別がんの統計

部位別がんの統計

どの部位のがん死亡が多いか

部位別がん死亡数 [2008年]
  • 部位別のがん死亡数の順位
  1位 2位 3位 4位 5位  
男性 肝臓 結腸 膵臓 結腸と直腸を合わせた大腸は4位
女性 結腸 肝臓 乳房 結腸と直腸を合わせた大腸は1位

がん部位別の患者数と死亡者数の比較

  • 肝臓がん、肺がんなど、自覚症状が現れた時点では治療の難しいがんが死亡者数が多い。
  • 大腸がん、乳がん、前立腺がんなど、各種治療法が確立しているがんは死亡者数の割合が低い。
がん部位別の患者数と死亡者数の比較

がんの主な部位別死亡者数の年次推移

  • 衛生状態のよくなかった1950〜1980年代は胃がんが圧倒的に多かったが、2000年を目前に肺がんの死亡者数が逆転した。
  • 子宮がんの割合が微減している他は、全体的な死亡者数は増加傾向にある。
がんの主な部位別志望者数の年次推移
ページトップ
  • 参加方法・登録申請
  • 代表的な5がん
    • 胃がん
    • 肺がん
    • 大腸がん
    • 子宮がん
    • 乳がん
  • がんの動向
  • 部位別がん基礎講座
  • 部位別がんの統計
  • がん対策スライド
  • 全国7ブロックセミナー
  • がん対策推進企業アクション公式小冊子「がん検診のススメ」
  • 毎年10月開催 厚生労働省 月間キャンペーン がん検診50%キャンペーン
  • 平成28年がん検診50%推進全国大会を開催しました
  • がん対策推進企業アクション Facebookはじめました
  • がん対策推進企業アクション Facebookはじめました